紫外線対策で外からもアンチエイジング


アンチエイジングの外的ストレスに『紫外線』がありますが、なぜ、紫外線が良くないのでしょうか。

それは、地球を取り巻くオゾン層が破壊され、紫外線の量が増加した事にあります。
最近では、紫外線を大量に浴びると、皮膚がんや白内障といった病気になりやすいということが明らかとなりました。
また、紫外線対策を始めた幼稚園では、風邪で休む子供が激減したという例もあります。
紫外線には有害物質が含まれており、免疫力が低下してしまうのを、紫外線対策をする事によって防いた事が良かったのだといいます。
免疫力が低下すれば、さまざまな風邪や病気にかかりやすくなり、アンチエイジングにとって決していい事ではありません。

紫外線対策には、UVカットの素材を使用した帽子・服、そしてサングラスなどで防御し、長時間、窓の側にいないなどの工夫をしましょう。

ネットで良く検索される人気「アンチエイジング」関連検索ワード[PR]

アンチエイジング エステ

アンチエイジング コスメ

アンチエイジング 化粧水