集中力を養いアンチエイジング


アンチエイジング集中力、一見つながり難いもののように感じるかもしれませんが、集中力を持って何かを始めたとき、脳にはドーパミンが発生するのです。

ドーパミンとは神経伝達物質で、脳を活性化させる大きな役割を持った物質なのです。
この物質が減ると、忘れっぽくなり、反応が鈍くなる、集中力が欠ける、無力感や無気力などといった症状がでてきます。皮質下痴呆(隠れ痴呆)の前兆です。

脳を活性化させるドーパミンを増やす事がアンチエイジングにつながるのです。

ドーパミンを増やすには、集中力を養うのが一番効果的です。
集中力と言っても、最初から難しく考える必要はありません。
やりたい事が見つからなければ、本を読む・手芸をする・料理をする、どんな物(事)でもいいのです。
要は、「やり始める」という事に意味があり、始めた事で『TRH』というホルモン物質が分泌され、集中力が養われますので、まずは何でも構いませんから、始めてください。

長時間集中しなければいけないという訳ではなく、「5分集中したら休憩を取り、また始める」を繰り返す方法など、あなたに合った方法で、無理なく取り組んでくださいね。

ネットで良く検索される人気「アンチエイジング」関連検索ワード[PR]

アンチエイジング エステ

アンチエイジング コスメ

アンチエイジング 化粧水