カラーセラピーでアンチエイジング


アンチエイジングを効果的にするアイテム、カラーセラピーについて説明しましょう。

カラーセラピーとは、心理4原色と呼ばれている赤・青・緑・黄から、精神のバランスを整えるという、中国式の鍼灸・インドのチャクラなど古代の医術としても使われていたものです。
日本の医学分野では、痛みを緩和すると言われている青色を用いたライトで、麻酔の代わりに使うなどしているそうです。

行動力の『赤』、チャレンジ精神旺盛な『オレンジ(だいだい色)』、好奇心旺盛の『黄色』、ナイーブな『紫』、バランス感覚が優れている『緑』、コミュニケーション上手な『青』、愛情イッパイの『ピンク』など、色にはさまざまな意味を持っているのです。

これらをアンチエイジングに取り入れることで、さらに効果倍増するそうです。
日常で簡単に取り入れる事のできるカラーセラピー。試してみてはいかがでしょうか。

ネットで良く検索される人気「アンチエイジング」関連検索ワード[PR]

アンチエイジング エステ

アンチエイジング コスメ

アンチエイジング 化粧水