アンチエイジングの敵−ネガティブ思考


アンチエイジングの敵であるネガティブ思考とは、マイナスエネルギーで、くよくよ悩み、落ち込み、家にこもりがちになり、何も出来ず、食事も喉を通らず、思考が止まってしまう、否定的で後ろ向きの考え方を言います。

ネガティブが、なぜアンチエイジングに良くないかというと、脳を活性化するセロトニンの物質が減ってくることにあります。

セロトニンとは、脳内の神経伝達物質のひとつ。
神経伝達物質であるドーパミンや、ノルアドレナリンなどの情報をコントロールし、精神を安定させる作用を持ち、不足すると、感情にブレーキがかからなくなり、うつ病などの症状が出やすくなると言われています。

このマイナスエネルギーは、周囲の人にも影響を与えます。ある種の感染と同じですね。

ネットで良く検索される人気「アンチエイジング」関連検索ワード[PR]

アンチエイジング エステ

アンチエイジング コスメ

アンチエイジング 化粧水