女性の飲酒は、体質にあわせて!


アンチエイジングにとって悪影響を及ぼしやすいのは、ALDH2の酵素のない人、つまり「お酒に弱い人」ですが、女性や年配の方、そして体格(体重)の小さい方の飲酒は、アンチエイジングにとってあまり良くないようです。

これは、体液量という問題が挙げられます。
体液量とは、体の中にある水分の事で、体格(体重)が大きければ体液量も増えますし、体格(体重)が小さければ体液の量が減ります。
体液量が少なければ血中アセトアルデヒド濃度が高くなり、女性ホルモンの影響で、女性はアルコール依存症になりやすい。
そして、男性よりも短時間で肝硬変になるということが問題なのです。

また、未成年が飲酒をすると、成長途中である脳細胞や、アルコールを分解する肝臓も未発達な為、さまざまな障害が出るといわれていますので、未成年の飲酒もアンチエイジングには良くないということになります。

ネットで良く検索される人気「アンチエイジング」関連検索ワード[PR]

アンチエイジング エステ

アンチエイジング コスメ

アンチエイジング 化粧水