お酒に弱い人の飲酒は禁物


アンチエイジングにおは影響ないのか?でもお話したように、日本人の半数はおに弱いのです。
お酒に弱いという事は、肝臓でアセトアルデヒドに変化した後、アセトアルデヒドを分解する為のALDH2酵素がないという事ですから、当然分解されず、血中のアセトアルデヒド濃度が高くなるということです。

アセトアルデヒドは毒性がとても強く、それが原因で、吐き気や呼吸促拍(喘息のような状態)、最悪は急性アルコール中毒などで病院へ運ばれる結果となります。

仮にALDH2の酵素があったとしても、長期間に大量のお酒を飲み続けていると、肝臓の機能が低下、解毒処理が追いつかなくなり、ついには肝障害・食道炎・心筋症・不整脈など、全身のさまざまな病気に発展してしまうのです。

ですからお酒に弱い人は、飲酒によるアンチエイジング効果は望めませんので、くれぐれも無理なさらないように。

ネットで良く検索される人気「アンチエイジング」関連検索ワード[PR]

アンチエイジング エステ

アンチエイジング コスメ

アンチエイジング 化粧水