大豆サポニン【納豆・味噌・油揚げ】


アンチエイジング効果としては、強い抗酸化作用・過酸化脂質の生成を抑える・血中コレステロールの低下などがあげられます。

大豆サポニンとは、大豆に含まれている、大豆たんぱく・大豆レシチン・大豆イソフラボン・大豆サポニンという4大成分の一つで、ブドウ糖が中性脂肪へと変化しないようにする作用があり、血中コレステロールの低下や、有害物質を排出する効果、腸内の絨毛を縮小させ、余分な栄養の吸収を抑えることで、余分な糖質や脂質を吸収しにくくするなどの中性脂肪低下やダイエットなどにも効果があります。
また、食物繊維と同じ働きも多少ながらありますので、血中コレステロールの低下という効果もあります。

大豆サポニンが含まれている食材は、全ての大豆製品(納豆・味噌・油揚げ・湯葉・高野豆腐など)です。

しかし大豆サポニンは、苦いなど味に関して支障のある成分で、加工品の場合、取り除いてしまうケースが多々あるようです。
大豆サポニンを意識して摂取する際は、まず大豆サポニンが含まれている食材かどうかを確認するか、加工品以外の大豆製品で摂取すると良いでしょう。

ネットで良く検索される人気「アンチエイジング」関連検索ワード[PR]

アンチエイジング エステ

アンチエイジング コスメ

アンチエイジング 化粧水