コラーゲン【豚バラ肉・牛スジ肉・うなぎ】


アンチエイジング効果として、細胞の増殖・器官の形成・新陳代謝の促進・水分保持・骨強化などがあげられます。

コラーゲンは、たんぱく質の一種で、皮膚や髪・爪・血管・骨など、あらゆるところに存在し、人間の体重の約5%以上を占めているといわれています。
コラーゲンには、細胞を分裂、増殖する際の補助的役割を持ち、細胞同士をつなぎ合わせる役目もあり、生命にとって無くてはならないたんぱく質といえます。
また、免疫機能を高め、アレルギーなどの改善にも効果があるとされています。

コラーゲンが多く含まれている食材に、豚バラ肉・牛スジ肉・うなぎ・カレイ・鶏皮・鶏手羽・鶏なんこつなどがあります。

コラーゲンと一緒に摂っていただきたい食材にビタミンCがあります。
ビタミンCとは、コラーゲンの生成と維持にとても必要な成分なのです。
ビタミンCを多く含む食材としては、キャベツやトマト・ピーマンなどがあります。

ネットで良く検索される人気「アンチエイジング」関連検索ワード[PR]

アンチエイジング エステ

アンチエイジング コスメ

アンチエイジング 化粧水