コエンザイムQ10【いわし・ピーナッツ】


アンチエイジング効果は、とても強力な抗酸化物質であり、生命活動に重要な補酵素であることがあげられます。

コエンザイムQ10は、生命活動の基本であるATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーを作るために欠かせない重要な補酵素であり、油に溶けやすい脂溶性で、強い熱に弱いとてもデリケートな成分です。

また、脂質酸化物質に対し、ビタミンCと並んでとても強力な抗酸化物質であり、コエンザイムQ10が存在している間は、資質過酸化物質の生成はほとんど完璧な状態まで抑えることが出来るという事が、山本順寛助教授の研究でわかっています。

コエンザイムQ10が多く含まれている食材は、いわし・さば・サンマなどの青魚や、ピーナッツなどのナッツ類・ブロッコリーなど。

一日30〜60mgが目安と言われていますが、いわしを6匹・牛肉はおよそ950gという量を毎日摂取しなければならず、食事だけの摂取だけではかなり難しいのが実情です。

ネットで良く検索される人気「アンチエイジング」関連検索ワード[PR]

アンチエイジング エステ

アンチエイジング コスメ

アンチエイジング 化粧水