アリシン【ニンニク】


アンチエイジングにアリシンが必要な訳とは、ニンニクなどに含まれる匂いの成分アリシンは、強力な殺菌作用と疲労回復に必要なビタミンB1の吸収を助け、解毒作用や病気などの抵抗力を高め、冷え性や食欲増進などの効果があります。

アリシンの効果は、風邪の細菌・インフルエンザのウィルスなどに作用するなど、殺菌・抗菌作用がとにかくすごいのです。
その他、腸内の悪玉菌の活動を抑えるなど、整腸作用がある。
アリシンとビタミンB1が結合すると、アリチアミンという物質に変化、ビタミンB1と同じ働きをしてくれる。
ビタミンB1を直接摂取するよりも、体内の吸収率が良く、疲れにくい身体を作ってくれるなど、効果は幅広い。
血管の中のコレステロールや脂肪を分解する、血圧安定・体内の鉛濃度を下げる効果がある。
ニンニクを加熱すると、アリシンがアホエンに変化、強い抗血栓効果や動脈硬化予防にも効果を発揮する。
などなど、アンチエイジングにとって必要な訳がおわかりいただけたでしょうか。

ニンニクが苦手と言う方も多いようですが、アルミホイルにニンニクをいれ、オーブンで蒸し焼きにしたり、餃子やガーリックソースなどにすると意外と食べやすいようです。

ただし、空腹時などに食べると、胃壁に炎症を起こす危険もありますので、注意が必要です。

ネットで良く検索される人気「アンチエイジング」関連検索ワード[PR]

アンチエイジング エステ

アンチエイジング コスメ

アンチエイジング 化粧水