βカロチン【シソ・モロヘイヤ・にんじん】


アンチエイジングとして身体に大切な食材(成分)を選ぶ場合、最初に思いつくのはβカロチン(βカロテン)ではないでしょうか。

βカロチンとは、ニンジン・かぼちゃ・ほうれん草など、緑やオレンジ・赤などの強い色を持つ食材に多く含まれるものです。

βカロチンは、身体に入ると部分的にビタミンAへと変化します。
ビタミンAとは、卵・レバー・乳製品など、動物性の植物に多く含まれ、摂取しすぎると脂肪の摂りすぎなどの影響がありますが、βカロチンを摂取した場合、身体に必要な分だけがビタミンAへと変化しますので、アンチエイジングの観点からいっても、ビタミンAを直接摂取するよりも、βカロチンからのビタミンA摂取の方が良いでしょう。

βカロチンには、抗ガン作用・体内の水銀排出・肝臓などの修復や解毒の効果のほか、ビタミン・ミネラル・カロテンなどの成分も持ち、滋養強壮・消化促進・動脈硬化予防・血圧降下などの効果が、アンチエイジングには欠かせない食材(成分)なのです。

βカロチンが多く含まれる順番として、シソ・モロヘイヤ・にんじん・パセリと続きます。

ネットで良く検索される人気「アンチエイジング」関連検索ワード[PR]

アンチエイジング エステ

アンチエイジング コスメ

アンチエイジング 化粧水